17日、中京競馬場で行われた日経新春杯(4歳上・GII・芝2200m)は、好位でレースを進めた団野大成騎手騎乗の7番人気ショウリュウイクゾ(牡5、栗東・佐々木晶三厩舎)が、直線に入って抜け出し、道中最後方から追い上げてきた13番人気ミスマンマミーア(牝6、栗東・寺島良厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分11秒8(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に4番人気クラージュゲリエ(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)が入った。なお、2番人気ヴェロックス(牡5、栗東・中内田充正厩舎)は9着、1番人気アドマイヤビルゴ(牡4、栗東・友道康夫厩舎)は10着、3番人気ダイワキャグニー(セ7、美浦・菊沢隆徳厩舎)は12着に終わった。

 勝ったショウリュウイクゾは、父オルフェーヴル、母ショウリュウムーン、その父キングカメハメハという血統。格上挑戦だったが、見事に勝利を掴み重賞初制覇を果たした。また、鞍上の団野大成騎手にとってもこれが初のJRA重賞勝利となった。

<日経新春杯ダイジェスト>


スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます