2001年NHKマイルC、ジャパンカップダートを勝利したクロフネ(牡23)が17日、繋養先である北海道安平町の社台スタリオンステーションで死亡したことがわかった。

 クロフネは父フレンチデピュティ、母ブルーアヴェニュー、その父Classic Go Goという血統。

 現役時代は栗東・松田国英厩舎の管理馬で、2000年10月の折り返しの新馬戦で初勝利。翌2001年の初戦となった毎日杯で重賞初勝利をあげると、5月のNHKマイルCでは1.2倍の圧倒的な支持に応えGI初制覇を果たした。

 その後は日本ダービー、神戸新聞杯と2戦した後、ダート路線へ転向。ダート戦初出走となった武蔵野Sでは9馬身差の圧勝劇を披露。ジャパンカップダートも7馬身差の圧勝で制し、芝・ダート両GI制覇を果たした。その後、屈腱炎を発症し、結果的にこれがラストランとなった。

 種牡馬としては、昨年の阪神JF覇者ソダシ、親仔同GI制覇を果たしたアエロリット、牝馬クラシック路線で活躍し、2012年ヴィクトリアマイルを制したホエールキャプチャ、2012年最優秀4歳以上牝馬・2011年最優秀短距離馬に輝いたカレンチャンなど数多くの活躍馬を輩出した。

 昨年、種牡馬を引退し功労馬として余生を過ごしていた。

【社台スタリオンステーション事務局 徳武英介氏のコメント】
「当スタリオンで功労馬として繋養しておりましたクロフネが、老衰のため死亡いたしました。夏の間はとても元気に過ごしていたのですが、ここ2ヶ月ほど体調が優れず1月17日の午後2時に息を引き取りました。

 現役時には芝・ダート問わず優秀な成績を残し、種牡馬としても人気が高く2018年まで17シーズンの間、休みなく頑張ってくれました。 とてもフレンドリーな馬でスタッフからもよく可愛がられており大きなショックを受けておりますが、クロフネには感謝の気持ちで一杯です。心からご冥福をお祈りいたします」

(JRAのホームページより)