岩手県競馬組合は3日、2020年度において、岩手競馬で顕著な活躍をした厩舎関係者を顕彰する「2020年度岩手競馬厩舎関係者等表彰」の受賞者が決定したことを発表した。

 最優秀勝利回数調教師には88勝で板垣吉則調教師が、最優秀勝利回数騎手には183勝の山本聡哉騎手が選ばれた。各部門の被表彰者等は以下の通り(敬称略)。


【調教師】
・最優秀勝利回数
板垣吉則:542戦88勝

・最優秀賞金収得
菅原勲:7712万2000円

・最優秀勝率
菅原勲:勝率19.55%

【騎手】
・最優秀勝利回数
山本聡哉:752戦183勝

・最優秀賞金収得
山本聡哉:1億3589万9000円

・最優秀勝率
山本聡哉:勝率24.34%

・ベストフェアプレイ賞
高松亮

・新人賞
関本玲花:431戦24勝(騎乗回数100回以上、20勝以上)

【厩務員】
・最優秀勝利回数
菅原秀:23勝(菅原勲厩舎)

・特別功労在籍30年
阿部成行(佐藤雅彦厩舎)
杉山正博(佐藤浩一厩舎)
田嶋武哉(千葉幸喜厩舎)

・特別功労在籍40年
小笠原好男(平沢芳三厩舎)
沢木満男(橘友和厩舎)
田中健一(佐藤敏彦厩舎)
千葉一三(小林俊彦厩舎)

【百戦馬(岩手競馬における出走回数が100回に達した馬)】
ゴールドフィルド(馬主:松田敬一)
ダンストーンラヴ(馬主:伊藤孝治)
アラノボル(馬主:高橋一己)