2月末で勇退し、解散となる角居勝彦厩舎所属のキセキ(牡7)とワイドファラオ(牡5)の2頭は、新規開業する辻野泰之厩舎へ転厩することがわかった。

 キセキは父ルーラーシップ、母ブリッツフィナーレ、その父ディープインパクトという血統。2017年菊花賞(GI)を制し、アーモンドアイが世界レコードを記録した2018年ジャパン(GI)などGIで2着4回。前走の2020年有馬記念(GI)では12着だった。通算成績は27戦4勝。

 3月1日付で辻野厩舎へ転厩し、3月14日に中京競馬場で行われる金鯱賞(4歳上・GII・芝2000m)での始動を目指すとのこと。

 ワイドファラオは父ヘニーヒューズ、母ワイドサファイア、その父アグネスタキオンという血統。2019年にニュージーランドT(GII)、ユニコーンS(GIII)を制し芝ダート両重賞制覇。2020年には、かしわ記念(JpnI)を制し、JpnI初制覇を果たしている。通算成績は15戦4勝。

 21日に東京競馬場で行われるフェブラリーS(4歳上・GI・ダ1600m)に出走後、3月に辻野厩舎へ転厩する。