6日、東京12Rを負傷のため乗り替わりとなっていた柴田善臣騎手は、東京9Rでハイプリーステス(牝3、美浦・星野忍厩舎)に騎乗した際、ゲート内で左足を負傷し、左第5趾(左足小指)骨折と診断されたことがわかった。

 これにより、7日の東京競馬場も全鞍乗り替わりとなった。

 乗り替わりのレース、騎手は下記の通り。

3R 3歳未勝利
11番 メイショウメイロウ 田中勝春
54.0kg

5R 3歳未勝利
16番 コアレスロング 木幡巧也
54.0kg

7R 4歳上1勝クラス
11番 クリノファイヤー 原優介
55.0kg→52.0kg

12R 4歳上2勝クラス
16番 オレノマニラ 菅原明良
57.0kg→56.0kg

 柴田騎手は昨年11月21日に落馬し、左第5中足骨々折。1月16日に復帰したばかりだった。

(JRAのホームページより)