14日、阪神競馬場4Rで行われた新馬戦(3歳・ダ1800m・16頭)は、中団から好位まで上がっていった岩田康誠騎手騎乗の8番人気クールファイブ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)が、直線で内の1番人気ローズエンペラー(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)との競り合いを制し、これに1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分56秒3(良)。

 さらに4馬身差の3着に9番人気ドラマティコ(牝3、栗東・野中賢二厩舎)が入った。なお、2番人気ダノンエクレール(牝3、栗東・高橋康之厩舎)は5着、3番人気タガノクリエイター(牡3、栗東・牧浦充徳厩舎)は10着に終わった。

 勝ったクールファイブは、父ルーラーシップ、母トゥザハピネス、その父シンボリクリスエスという血統。