14日、東京競馬場で行われたバレンタインS(4歳上・OP・ダ1400m)は、先手を取った戸崎圭太騎手騎乗の4番人気スリーグランド(牡4、栗東・高橋義忠厩舎)が、直線に入って後続を突き放し、2着の1番人気タガノビューティー(牡4、栗東・西園正都厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分23秒1(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に12番人気レッドフレイ(牡6、美浦・木村哲也厩舎)が入った。なお、3番人気テーオーターゲット(牡5、栗東・吉岡辰弥厩舎)は4着、2番人気ニューモニュメント(牡5、栗東・小崎憲厩舎)は6着に終わった。

 勝ったスリーグランドは、父シニスターミニスター、母プリモタイム、その父ブライアンズタイムという血統。これで通算成績は13戦5勝となった。