20日、東京競馬場で行われたダイヤモンドS(4歳上・GIII・芝3400m)は、中団でレースを進めた三浦皇成騎手騎乗の7番人気グロンディオーズ(牡6、美浦・田村康仁厩舎)が、直線で脚を伸ばして、好位追走から一旦は抜け出していた1番人気オーソリティ(牡4、美浦・木村哲也厩舎)をゴール前で捕らえ、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは3分31秒2(良)。

 さらに5馬身差の3着に2番人気ポンデザール(牝6、美浦・堀宣行厩舎)が入った。なお、3番人気ヒュミドール(セ5、美浦・小手川準厩舎)は5着に終わった。

 勝ったグロンディオーズは、父ルーラーシップ、母シェリール、その父サンデーサイレンスという血統。これが待望の重賞初制覇となった。