現地時間20日、オーストラリアのコーフィールド競馬場でG1・オークレイプレート(ハンデ・芝1100m・18頭立て)が行われた。

 好位から進み直線で一旦は抜け出した4番人気ポートランドスカイ(牡3、T.ニュージェント騎手、50.0kg)と、中団から進み直線で最内を突いて脚を伸ばした3番人気セレブリティクイーン(牝4、W.パイク騎手、53.5kg)がゴール前で大接戦に。

 写真判定でも決着がつかず、1着は同着という結果となった。勝ちタイムは1分02秒70(良)。

 ポートランドスカイは、父はFairy King系のDeep Field、母Sky Rumba、母の父Shrewd Rhythmという血統。オーストラリアのM.ローリー厩舎の管理馬。通算成績は7戦4勝(うち重賞3勝)で、G1は初出走初制覇。

 22歳のT.ニュージェント騎手はこれが重賞初制覇。G1は初騎乗初制覇となった。

 セレブリティクイーンは父Redoute's Choice、母Celebrity Miss、母の父More Than Readyという血統。オーストラリアのG&A.ウィリアムズ厩舎の管理馬。重賞は昨年のコロネルリーヴスS(豪G3)に続き2勝目。通算成績は13戦7勝。

 G1での1着同着は、日本では2010年のオークスで発生。アパパネとサンテミリオンが同着となったのが唯一の事例となっている。

※馬齢は現地基準に基づく。