21日、東京競馬場で行われたフェブラリーS(4歳上・GI・ダ1600m)は、好位でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の1番人気カフェファラオ(牡4、美浦・堀宣行厩舎)が、直線に入って抜け出し、最後は中団追走から追い上げてきた9番人気エアスピネル(牡8、栗東・笹田和秀厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分34秒4(良)。

 さらに1.3/4馬身差の3着に8番人気ワンダーリーデル(牡8、栗東・安田翔伍厩舎)が入った。なお、3番人気レッドルゼル(牡5、栗東・安田隆行厩舎)は4着、2番人気アルクトス(牡6、美浦・栗田徹厩舎)は9着に終わった。

 勝ったカフェファラオは、父American Pharoah、母Mary's Follies、その父More Than Readyという血統の米国産馬。これまで2戦2勝としていた得意の舞台で見事勝利を掴み、2021年上半期のダート王に輝いた。アメリカンファラオはこれが産駒のJRA・GI初勝利。また、鞍上のC.ルメール騎手は昨年のモズアスコットに続くフェブラリーS連覇となった。