21日、東京競馬場で行われたフェブラリーS(4歳上・GI・ダ1600m)は、好位でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の1番人気カフェファラオ(牡4、美浦・堀宣行厩舎)が、直線に入って抜け出し、最後は中団追走から追い上げてきた9番人気エアスピネル(牡8、栗東・笹田和秀厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。

【豆知識】
◆「C.ルメール騎手騎乗の米国産馬」は昨年のモズアスコットに続き連覇。

◆堀宣行調教師はダートGI初制覇。また、ルメール騎手とのタッグではGI初制覇。

◆冠名“カフェ”はイーグルカフェの2002年JCダート以来のJRAGI制覇。

◆2015年の米三冠馬American Pharoahは産駒の国際ダートG1初制覇。JpnIはダノンファラオがジャパンダートダービーを制している。

◆勝ちタイム1分34秒4(良)は、2016年モーニンの1分34秒0(重)に次いでフェブラリーS史上2位。良馬場では2003年のコース改修以降のコースレコード。コース改修以前も含めると、クロフネが2001年武蔵野Sで1分33秒3(良)を記録。

◆2着エアスピネル、3着ワンダーリーデルはともに8歳馬。JRA平地GIで8歳以上馬が2頭3着内に入ったのは、2018年JBCスプリント(京都開催。1着グレイスフルリープ、3着キタサンミカヅキが8歳馬)を含めても史上2例目。

◆7着ミューチャリーの走破タイム1分35秒3は、2002年フェブラリーS2着のトーシンブリザードと並び、JRAダート1600mでは地方馬最速タイ。

※データは注記のあるものを除き1986年以降。