3月27日にUAEのメイダン競馬場で行われるドバイワールドカップ(G1・ダ2000m)に選出されていたオメガパフューム(牡6、栗東・安田翔伍厩舎)がドバイ遠征を辞退したことがわかった。

 オメガパフュームは父スウェプトオーヴァーボード、母オメガフレグランス、その父ゴールドアリュールという血統。昨年の東京大賞典(GI)を制し、史上初の3連覇達成。前走の川崎記念では2着だった。通算成績は20戦9勝。

 僚馬で21日のフェブラリーS(GI)で3着だったワンダーリーデル(牡8)も選出されていたゴドルフィンマイル(G2・ダ1600m)を辞退した。

 また、川崎記念で3着だったダノンファラオ(牡4、栗東・矢作芳人厩舎)も選出されていたゴドルフィンマイルを辞退。3月17日に船橋競馬場で行われるダイオライト記念(4歳上・JpnII・ダ2400m)へ向かう。

 今月末の角居勝彦厩舎の解散に伴い、辻野泰之厩舎へ転厩するキセキ(牡7)も選出されていたドバイシーマクラシック(G1・芝2410m)を辞退。3月14日に中京競馬場で行われる金鯱賞(4歳上・GII・芝2000m)に向かう。