27日、中山競馬場で行われた水仙賞(3歳・1勝・芝2200m)は、2番手でレースを進めたM.デムーロ騎手騎乗の6番人気レッドヴェロシティ(牡3、美浦・木村哲也厩舎)が、直線で先頭に立って、最後は2着の3番人気マカオンドール(牡3、栗東・今野貞一厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分16秒7(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に9番人気アールバロン(牡3、美浦・伊藤大士厩舎)が入った。なお、1番人気アサマノイタズラ(牡3、美浦・手塚貴久厩舎)は4着、2番人気カランドゥーラ(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)は7着に終わった。

 勝ったレッドヴェロシティは、父ワールドエース、母トップモーション、その父シンボリクリスエスという血統。これで通算成績は5戦2勝となった。