28日、阪神競馬場で行われた阪急杯(4歳上・GIII・芝1400m)は、先手を取った北村友一騎手騎乗の1番人気レシステンシア(牝4、栗東・松下武士厩舎)が、直線に入って後続を突き放し、2着の10番人気ミッキーブリランテ(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分19秒2(良、コースレコード)。

 さらに1/2馬身差の3着に4番人気ジャンダルム(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)が入った。なお、3番人気インディチャンプ(牡6、栗東・音無秀孝厩舎)は4着、2番人気ダノンファンタジー(牝5、栗東・中内田充正厩舎)は5着に終わった。

 勝ったレシステンシアは、父ダイワメジャー、母マラコスタムブラダ、その父Lizard Islandという血統。昨年のマイルCS以来のレースを完勝で飾った。重賞は2歳時のファンタジーS、阪神JFに続き3勝目。また、本馬はこの勝利で高松宮記念の優先出走権を獲得した。