28日、中山競馬場で行われた中山記念(4歳上・GII・芝1800m)は、前3頭から離れた4番手でレースを進めた松山弘平騎手騎乗の1番人気ヒシイグアス(牡5、美浦・堀宣行厩舎)が、直線での叩き合いを制し、2着の5番人気ケイデンスコール(牡5、栗東・安田隆行厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分44秒9(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に7番人気ウインイクシード(牡7、美浦・鈴木伸尋厩舎)が入った。また、これが現役最後のレースとなった蛯名正義騎手が騎乗した6番人気ゴーフォザサミット(牡6、美浦・藤沢和雄厩舎)は4着だった。

 なお、3番人気クラージュゲリエ(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)は9着、2番人気バビット(牡4、栗東・浜田多実雄厩舎)は14着に終わった。

 勝ったヒシイグアスは、父ハーツクライ、母ラリズ、その父Bernsteinという血統。これで石和特別(2勝クラス)、ウェルカムS(3勝クラス)、中山金杯に続く4連勝となった。また、本馬はこの勝利で大阪杯の優先出走権を獲得した。