2日、川崎競馬場で行われた日吉オープン(4歳上・OP・ダ2000m・1着賞金500万円)は、好位から進め2度目の向正面で先頭に立ちリードを広げた笹川翼騎手騎乗の9番人気ロードヴァンドール(牡8、川崎・佐々木仁厩舎)がゴールまで押し切り、最後は2着の3番人気アングライフェン(牡9、大井・高野毅厩舎)に1/2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分11秒1(稍)。

 2.1/2馬身差の3着には8番人気サルサレイア(牝5、川崎・内田勝義厩舎)が入った。1番人気ウタマロ(牡4、船橋・矢野義幸厩舎)は1馬身差の4着、2番人気ハセノパイロ(牡6、大井・堀千亜樹厩舎)は6着だった。

 勝ったロードヴァンドールは父ダイワメジャー、母ジャズキャット、その父Storm Catという血統。JRA所属時代にはオープンまで出世し、芝重賞で5度の馬券圏内がある。地方所属馬としては盛岡の重賞・せきれい賞での2着などはあったが、休み明けの今回、5戦目での初勝利となった。通算成績はこれで37戦5勝。また、管理する佐々木仁調教師は地方競馬通算800勝となった。