6日に阪神競馬場で行われるチューリップ賞(3歳・牝・GII・芝1600m)について枠順・馬番別に検証していく。

 過去10年、馬番別では最多となる4回の馬券絡みが7番と13番。3回で5番が続く。特に13番は7頭の出走で4連対という好成績。

 参考までに枠順による成績を比較すると下記の通り。

1枠 1-2-0-9/12 複勝率25.0% 複勝回収率45%
2枠 0-0-0-13/13 複勝率0.0% 複勝回収率0%
3枠 1-0-2-12/15 複勝率20.0% 複勝回収率22%
4枠 1-1-3-12/17 複勝率29.4% 複勝回収率95%
5枠 1-1-2-15/19 複勝率21.1% 複勝回収率56%
6枠 2-1-0-16/19 複勝率15.8% 複勝回収率33%
7枠 3-2-0-15/20 複勝率25.0% 複勝回収率78%
8枠 1-3-3-14/21 複勝率33.3% 複勝回収率66%

【4人気以下】
1枠 0-1-0-5/6 複勝率16.7% 複勝回収率51%
2枠 0-0-0-12/12 複勝率0.0% 複勝回収率0%
3枠 0-0-0-12/12 複勝率0.0% 複勝回収率0%
4枠 0-0-2-11/13 複勝率15.4% 複勝回収率86%
5枠 0-0-2-12/14 複勝率14.3% 複勝回収率61%
6枠 0-1-0-15/16 複勝率6.3% 複勝回収率22%
7枠 2-1-0-15/18 複勝率16.7% 複勝回収率72%
8枠 1-2-1-11/15 複勝率26.7% 複勝回収率64%

 枠順全体の成績からもうっすらと外枠有利が見えているが、4番人気以下に絞るとその傾向は明白になる。4番人気以下で連対した8頭中7頭までもが6枠より外で、6頭は7枠と8枠。3枠より内での4番人気以下の馬券絡みは15年7番人気2着のアンドリエッテのみだ。このアンドリエッテは4角15番手から上がり最速を使って差してきたもので、阪神外回りコースでの末脚比べだと内枠から位置を取る利が薄いということか。穴を狙うなら外枠から探していくのが良いだろう。