14日に行われたフィリーズレビュー(GII)で1着だったシゲルピンクルビー(牝3、栗東・渡辺薫彦厩舎)は、引き続き和田竜二騎手とのコンビで4月11日に阪神競馬場で行われる桜花賞(3歳牝・GI・芝1600m)に向かうことがわかった。

 シゲルピンクルビーは父モーリス、母ムーンライトベイ、母の父High Chaparral。半姉に2019年桜花賞(GI)2着のシゲルピンクダイヤがいる血統。

 同馬は昨年11月の2歳新馬戦でデビューし、初勝利。2戦目で阪神JF(GI)に挑戦。17着に敗れたが、今年初戦となった前走のフィリーズレビューで重賞初勝利を果たした。通算成績は3戦2勝。