23日、大井競馬場で行われたマーチ賞(ダ1700m・1着賞金530万円)は、2・3番手で進めた真島大輔騎手騎乗の3番人気リコーシーウルフ(牡4、大井・荒山勝徳厩舎)が直線で早めに先頭に立って後続を振り切り、最後は4番人気トーセンレビュー(牡4、浦和・小久保智厩舎)に1馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分47秒7(重)。

 1/2馬身差の3着には6番人気アベニンドリーム(牡4、大井・荒山勝徳厩舎)が入った。2番人気デスティネ(牡4、大井・渡辺和雄厩舎)は1.1/2馬身差の4着、1番人気サンチェサピーク(牡7、大井・福田真広厩舎)は8着だった。

 リコーシーウルフは父スマートファルコン、母シマノタカラチャン、その父ジェイドロバリーという血統。今年の初勝利を挙げ、通算成績はこれで23戦6勝。