28日、中京競馬場で行われた大寒桜賞(3歳・1勝・芝2200m)は、中団追走から4コーナーで2番手まで上がった松山弘平騎手騎乗の1番人気マカオンドール(牡3、栗東・今野貞一厩舎)が、直線で抜け出し、最後は2着の9番人気グレアリングアイ(牡3、美浦・古賀慎明厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分15秒6(重)。

 さらにハナ差の3着に6番人気ワイドエンペラー(牡3、栗東・藤岡健一厩舎)が入った。なお、2番人気バジオウ(牡3、美浦・田中博康厩舎)は4着、3番人気グラティトゥー(牡3、栗東・橋口慎介厩舎)は13着に終わった。

 勝ったマカオンドールは、父ゴールドシップ、母ミリオンウィッシーズ、その父Darshaanという血統。これで通算成績は8戦2勝となった。