スマイルカナに注目したい。今年初戦を勝利で飾ることができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■4/3(土) ダービー卿チャレンジT(4歳上・GIII・中山芝1600m)

 スマイルカナ(牝4、美浦・高橋祥泰厩舎)はここと同舞台のフェアリーSとターコイズSで重賞2勝を挙げているコース巧者。今回は牡馬が相手となるが、昨年の京成杯AH・2着などの実績もあり物怖じはしない。先日お亡くなりになったオーナーの「マイネル軍団」総帥・岡田繁幸氏に勝利を届けることができるか。鞍上は柴田大知騎手。

 カラテ(牡5、美浦・高橋祥泰厩舎)は3連勝で前走の東京新聞杯を制したトゥザグローリー産駒。2・3勝クラスで中山マイルを快勝しているように今回の条件替わりは良さそうだ。引き続き菅原明良騎手とのコンビで、4連勝&重賞2連勝を期待したい。

 その他、東京新聞杯で2着のカテドラル(牡5、栗東・池添学厩舎)、久々となる昨年のニュージーランドT覇者ルフトシュトローム(牡4、美浦・堀宣行厩舎)、昨年の2着馬ボンセルヴィーソ(牡8、栗東・池添学厩舎)、同舞台の幕張S(3勝クラス)を好時計で快勝したウインカーネリアン(牡4、美浦・鹿戸雄一厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。