現地時間27日、オーストラリアのローズヒルガーデンズ競馬場でG1・ローズヒルギニーズ(3歳・芝2000m・14頭立て)が行われた。

 道中は後方を進んだ1番人気モウンガ(牡3、T.ベリー騎手)、6番人気スカイラブ(セ3、J.マクドナルド騎手)らが直線で外から脚を伸ばし、レースは差し馬の末脚比べに。

 その争いをモウンガが制し、最後まで追い比べとなったスカイラブに0.2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分04秒84(重)。

 モウンガは父Savabeel(その父Zabeel)、母Chandelier、母の父O'Reillyという血統のニュージーランド産馬。オーストラリアのA.ニーシャム厩舎の管理馬。前走は6日のランドウィックギニーズ(豪G1)で2着。今回が重賞初制覇で、通算成績は7戦4勝。

 スカイラブは父が日本馬リアルインパクト、母Gold Mission、母の父Flying Spurという血統のオーストラリア産馬。同国のP.ペリー厩舎の管理馬。今回が重賞初出走で、通算成績は8戦3勝。

 また、リアルインパクト産駒は同27日、オーストラリアのアスコット競馬場で行われたG3・W.A.オークス(3歳牝・芝2400m・11頭立て)で、ルナーインパクトが勝利をあげている。

※馬齢表記は現地基準に基づく。