3日、阪神競馬場で行われたアザレア賞(3歳・1勝・芝2400m)は、好位でレースを進めた松山弘平騎手騎乗の3番人気リーブルミノル(牡3、栗東・本田優厩舎)が、直線で内から抜け出し、2着の2番人気モンテディオ(牡3、栗東・四位洋文厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分26秒3(良)。

 さらに1馬身差の3着に5番人気テンカハル(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)が入った。なお、1番人気グロリアムンディ(牡3、栗東・大久保龍志厩舎)は4着に終わった。

 勝ったリーブルミノルは、父キングカメハメハ、母サルスエラ、その父マンハッタンカフェという血統。これで通算成績は10戦2勝となった。