10日、新潟競馬場で行われたひめさゆり賞(3歳・1勝・芝2000m)は、中団でレースを進めた西村淳也騎手騎乗の1番人気ヴェローチェオロ(牡3、栗東・須貝尚介厩舎)が、直線で内の2番人気アリーヴォ(牡3、栗東・杉山晴紀厩舎)と競り合い、これをアタマ差下して優勝した。勝ちタイムは1分59秒5(良)。

 さらに3.1/2馬身差の3着に6番人気テリオスマナ(牝3、栗東・松下武士厩舎)が入った。なお、3番人気ジャッカル(牡3、栗東・吉岡辰弥厩舎)は6着に終わった。

 勝ったヴェローチェオロは、父ゴールドシップ、母プレシャスライフ、その父タイキシャトルという血統。これで通算成績は9戦2勝となった。