10日、中山競馬場で行われたニュージーランドT(3歳・牡牝・GII・芝1600m)は、先手を取った藤岡佑介騎手騎乗の2番人気バスラットレオン(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)が、直線に入ると後続を突き放して独走。2着の3番人気タイムトゥヘヴン(牡3、美浦・戸田博文厩舎)に5馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分33秒1(良)。

 さらに1.1/2馬身差の3着に11番人気シティレインボー(牡3、栗東・池添兼雄厩舎)が入った。なお、1番人気アヴェラーレ(牝3、美浦・木村哲也厩舎)は15着に終わった。

 勝ったバスラットレオンは、父キズナ、母バスラットアマル、その父New Approachという血統。古川奈穂騎手とのコンビで勝った前走の1勝クラスに続く2連勝で重賞初制覇を果たした。また、本馬及び2着のタイムトゥヘヴン、3着のシティレインボーはNHKマイルCの優先出走権を獲得した。