11日、中山競馬場で行われた春雷S(4歳上・L・芝1200m)は、先団の後ろでレースを進めた荻野極騎手騎乗の1番人気ジャンダルム(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)が、直線に入って抜け出し、2着の4番人気マリアズハート(牝5、美浦・菊沢隆徳厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分7秒3(良)。

 さらにハナ差の3着に2番人気グルーヴィット(牡5、栗東・松永幹夫厩舎)が入った。

 勝ったジャンダルムは、父Kitten's Joy、母Believe、その父Sunday Silenceという血統。今回は初の1200m戦だったが、見事1番人気に応えた。