エフフォーリアに注目したい。昨年のコントレイルに続き、無敗での皐月賞制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■4/18(日) 皐月賞(3歳・牡牝・GI・中山芝2000m)

 エフフォーリア(牡3、美浦・鹿戸雄一厩舎)は前走の共同通信杯を2馬身半差完勝。デビュー3連勝で重賞初制覇を飾った。降した2・3着馬も次走で重賞を制しており、本馬の能力は折り紙付き。末脚のキレが持ち味なだけに内回り替わりがカギとなるが、こなしての戴冠を期待したい。鞍上は横山武史騎手。

 ダノンザキッド(牡3、栗東・安田隆行厩舎)は昨年デビュー3連勝でホープフルSを勝ち、JRA最優秀2歳牡馬に輝いた。復帰戦となった弥生賞ディープ記念は久々を感じさせる動きで3着に終わり初黒星を喫したが、本番のここで巻き返すことができるか。鞍上は川田将雅騎手。

 ディープモンスター(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)は梅花賞(1勝クラス)、すみれS(L)と連勝中のディープインパクト産駒。ゲートを出てすぐによれるなど若さは見せているが、勝ちっぷりが良く昨年からの成長はうかがえる。ここも制して一気に世代のトップに躍り出ることができるか。鞍上は初コンビの戸崎圭太騎手。

 その他、ホープフル3着馬ヨーホーレイク(牡3、栗東・友道康夫厩舎)、朝日杯FSで2着のステラヴェローチェ(牡3、栗東・須貝尚介厩舎)、スプリングSで接戦をものにしたヴィクティファルス(牡3、栗東・池添学厩舎)、きさらぎ賞の覇者ラーゴム(牡3、栗東・斉藤崇史厩舎)、デビュー2連勝中のレシステンシア半弟グラティアス(牡3、美浦・加藤征弘厩舎)、休み明けの若葉S(L)を圧勝したアドマイヤハダル(牡3、栗東・大久保龍志厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。