13日、大井競馬場で行われた第4回ブリリアントC(4歳上・重賞・ダ1800m・1着賞金1300万円)は、好位でレースを進めた本橋孝太騎手騎乗の1番人気フィアットルクス(牡6、大井・藤田輝信厩舎)が、直線で内の9番人気ノーブルサターン(牡7、大井・佐野謙二厩舎)、4番人気リンゾウチャネル(牡5、船橋・矢野義幸厩舎)との競り合いを制し優勝した。勝ちタイムは1分52秒7(良)。

 2着は1馬身差でノーブルサターン、3着はさらに1/2馬身差でリンゾウチャネルとなった。なお、2番人気ゴールドホイヤー(牡4、川崎・岩本洋厩舎)は7着、3番人気キャプテンキング(牡7、大井・的場直之厩舎)は14着に終わった。

 勝ったフィアットルクスは、父ゴールドアリュール、母イントゥザライト、その父ブライアンズタイムという血統。明日もエキサイティングリレー賞、フェブラリー賞、ブリリアントCトライアルに続く4連勝で重賞初制覇を飾った。