17日、阪神競馬場で行われたアーリントンC(3歳・GIII・芝1600m)は、好位でレースを進めた川田将雅騎手騎乗の1番人気ホウオウアマゾン(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)が、直線で外に出しつつ先頭に立って、最後はそのさらに外から追い上げてきた10番人気リッケンバッカー(牡3、栗東・西村真幸厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分34秒2(重)。

 さらに3/4馬身差の3着に7番人気レイモンドバローズ(牡3、栗東・上村洋行厩舎)が入った。

 勝ったホウオウアマゾンは、父キングカメハメハ、母ヒカルアマランサス、その父アグネスタキオンという血統で、これが重賞初制覇。本馬及び2着のリッケンバッカー、3着のレイモンドバローズはNHKマイルCの優先出走権を獲得した。また、本馬を管理する矢作芳人調教師はこの勝利でJRA通算700勝を達成した。