18日、中山競馬場で行われた京葉S(4歳上・L・ダ1200m)は、先手を取った三浦皇成騎手騎乗の1番人気ダンシングプリンス(牡5、美浦・宮田敬介厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、2着の9番人気ノンライセンス(牝5、栗東・松永幹夫厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分9秒2(重)。

 さらに1馬身差の3着に7番人気ジャスパープリンス(牡6、栗東・森秀行厩舎)が入った。なお、2番人気アポロビビ(牡5、美浦・中舘英二厩舎)は5着、3番人気デザートストーム(牡7、美浦・田中博康厩舎)は6着に終わった。

 勝ったダンシングプリンスは、父パドトロワ、母リトルブレッシング、その父バブルガムフェローという血統。これで通算成績は11戦7勝となった。