ブックメーカーの前売りで3番人気に推されていたコンサートツアー(牡3、父ストリートセンス)が、5月1日のG1ケンタッキーダービーを回避することになった。同馬を管理するボブ・バファート調教師が、明らかにしたものだ。

 ゲイリーとメアリーのウェスト夫妻による自家生産馬コンサートツアーは、今年1月15日にデビュー。サンタアニタのメイドン(d6F)、同じくサンタアニタのG2サンヴィセンテS(d7F)、オークロンのG2レベルS(d8.5F)と破竹の3連勝。ケンタッキーダービーの有力候補に浮上した。

 しかし、ダービーへの最終プレップとなった4月10日のG1アーカンソーダービー(d9F)で3着に敗れ、連勝がストップ。レース内容に満足できないバファート師は、3週間で立て直すのは難しいとして、ダービーを断念。2週間後の5月15日に行われる3冠第2戦のG1プリークネスSに、目標を切り換えることを決めたものだ。

 ダービー歴代最多タイの6勝をマークしているバファート厩舎は、今年のケンタッキーダービーに、G1サンタアニタダービー2着馬メディナスピリットの1頭のみで臨むことになった。

(文:合田直弘)