21日、川崎競馬場で行われた第24回クラウンC(3歳・重賞・ダ1600m・1着賞金1500万円)は、中団でレースを進めた張田昂騎手騎乗の2番人気ジョエル(牡3、船橋・張田京厩舎)が、直線で外から各馬を差し切り、2着の1番人気ギガキング(牡3、船橋・稲益貴弘厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分41秒6(稍重)。

 さらにハナ差の3着に3番人気ジョーロノ(牡3、浦和・小久保智厩舎)が入った。

 勝ったジョエルは、父トーセンブライト、母トーセンレインボー、その父ダイワメジャーという血統。本馬を管理する張田京調教師はこれが初の重賞制覇となった。また、本馬はこの勝利で東京ダービーの優先出走権を獲得した。