前哨戦5馬身差Vのディープボンドに注目したい。2連勝でGI初制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■5/2(日) 天皇賞・春(4歳上・GI・阪神芝3200m)

 ディープボンド(牡4、栗東・大久保龍志厩舎)は前走の阪神大賞典で変わり身を見せて5馬身差圧勝。昨年、日本ダービーで5着、菊花賞で4着とクラシックで善戦していた素質馬が改めて底力を見せつけた。前走からの出来落ちはなく態勢は万全。キズナ産駒初のGI制覇を期待したい。鞍上は和田竜二騎手。

 ウインマリリン(牝4、美浦・手塚貴久厩舎)は前走の日経賞で接戦をものにして、昨年のフローラS以来となる重賞2勝目を飾った。今回は輸送に加えてさらなる距離延長と条件は甘くないが、皐月賞を制覇し勢いに乗る横山武史騎手とのコンビで戴冠を目指す。なお、牝馬による本レース制覇となると、53年レダ以来62年ぶり史上2頭目となる。

 アリストテレス(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)は昨年の菊花賞で2着のエピファネイア産駒で、今年初戦のAJCCで重賞初制覇。前哨戦の阪神大賞典は7着と人気を裏切ってしまったが、この敗戦だけで見限るのは早計だろう。本番のここで巻き返しを期待したい。鞍上はC.ルメール騎手。

 その他、日経賞で2着のカレンブーケドール(牝5、美浦・国枝栄厩舎)、2019年の菊花賞馬ワールドプレミア(牡5、栗東・友道康夫厩舎)、GII・2勝のオルフェーヴル産駒オーソリティ(牡4、美浦・木村哲也厩舎)、阪神大賞典の2着馬ユーキャンスマイル(牡6、栗東・友道康夫厩舎)、同舞台の松籟S(3勝クラス)を3馬身差完勝したディアスティマ(牡4、栗東・高野友和厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。