2着以内馬に日本ダービーの優先出走権が与えられる一戦。キングストンボーイに注目したい。重賞初制覇を飾ることができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■5/1(土) 青葉賞(3歳・GII・東京芝2400m)

 キングストンボーイ(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)は前走の共同通信杯で4着。次走で重賞を勝つことになる2・3着馬と差のない走りをしており、敗れはしたが能力の高さを示した一戦だった。名伯楽・藤沢和雄師の定年前最後の青葉賞を制して、日本ダービーへ向かうことができるか。鞍上はC.ルメール騎手。

 ワンダフルタウン(牡3、栗東・高橋義忠厩舎)はルーラーシップ産駒で、昨年の京都2歳Sを差し切りV。今回はそれ以来約5か月ぶりの休み明けとなるが、乗り込みは順調に進んでいる。広い東京コースは合いそうなだけに勝ち負けを期待したい。鞍上は和田竜二騎手。

 その他、デビュー2連勝のモーリス産駒ノースブリッジ(牡3、美浦・奥村武厩舎)、水仙賞を快勝したレッドヴェロシティ(牡3、美浦・木村哲也厩舎)、休み明けの山吹賞を差し切ったアオイショー(牡3、美浦・中舘英二厩舎)、アザレア賞を勝ったリーブルミノル(牡3、栗東・本田優厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。