5/1(土)は東京・阪神・新潟の3場開催。30日正午の馬場発表は東京が芝良・ダート稍重、阪神が芝稍重・ダート重、新潟が芝重・ダート不良。1日の天気は東京が晴れのち曇り、阪神が晴れのち雨、新潟が曇りのち雨の予報となっている。

■ダービートライアル・青葉賞
 東京11Rは青葉賞(GII)。日本ダービーと同じ東京芝2400mで行われるトライアルで、2着までに優先出走権が与えられる。18年の皐月賞馬エポカドーロの半弟キングストンボーイ、昨年の京都2歳Sを制して以来となるワンダフルタウン、前走の山吹賞を快勝してきたアオイショーなど。

■阪神メインは天王山S
 阪神11Rはダート1200mの天王山S(OP)。3勝クラスとオープンを連勝中のジェネティクスが人気を集めそう。5か月ぶりの実戦となるが、連勝を伸ばすことができるか。他には、昨年ジャパンCとチャンピオンズCを連闘したヨシオなど。

■東京10R・春光Sにヴェルテックスなど
 東京10Rダート2100mの春光S(3勝クラス)。JRA再転入後2勝3着1回と堅実な結果を残しているシーイズトウショウの仔ヴェルテックス、きょうだいにサウンドトゥルーやアナザートゥルースらダートでの活躍馬が多いホウオウトゥルースなど好メンバー。

■阪神10R・ストークSにアルティマリガーレなど
 阪神10Rは芝1600mのストークS(3勝クラス)。アルティマリガーレは短距離重賞2勝馬アルティマトゥーレを母に持つ良血馬。休み明け2戦目を制してオープン入りなるか。他にも、名牝ブエナビスタの娘タンタラス、エリザベス女王杯覇者クイーンズリングの半妹アクアミラビリスなどが出走。

■東京8Rで良血スパングルドスターが復帰
 東京8Rは芝2000mの1勝クラス。オークス馬ソウルスターリングやアルテミスS覇者シェーングランツがきょうだいにいる良血スパングルドスターが、4か月半ぶりの休み明けを迎える。初勝利の際に手綱を執ったM.デムーロ騎手を背に2勝目なるか。

■プレミアエンブレムの勝ち上がるなるか
 東京5Rは芝2000mの3歳未勝利戦。16年NHKマイルCなど重賞3勝馬メジャーエンブレムの初仔プレミアエンブレムがスタンバイ。他にも、03年フラワーCの勝ち馬マイネヌーヴェルの仔マイネルグロン、ダービー馬ディープスカイの半妹サピエンシアなどが勝ち上がりを狙う。

■幸英明騎手らが区切りの勝利まであとわずか
 幸英明騎手はJRA通算1500勝まであと2勝で、本日は阪神で11鞍に騎乗。川又賢治騎手はJRA通算100勝まであと3勝で、本日は新潟で2鞍に騎乗する。