2日、東京競馬場で行われたスイートピーS(3歳・牝・L・芝1800m)は、中団でレースを進めた岩田望来騎手騎乗の5番人気タガノパッション(牝3、栗東・鮫島一歩厩舎)が、直線で一気に突き抜け、2着の9番人気アラビアンナイト(牝3、美浦・田村康仁厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分46秒2(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に4番人気オレンジフィズ(牝3、美浦・木村哲也厩舎)が入った。なお、3番人気スウィートブルーム(牝3、美浦・和田雄二厩舎)は4着、1番人気エリザベスタワー(牝3、栗東・高野友和厩舎)は6着、2番人気ミツルハピネス(牝3、栗東・南井克巳厩舎)は12着に終わった。

 勝ったタガノパッションは、父キングカメハメハ、母アドマイヤシルク、その父シンボリクリスエスという血統。前走の未勝利戦に続く2連勝を飾り、オークスの優先出走権を獲得した。