現地時間6日、イギリスのチェスター競馬場でG3・オーモンドS(4歳上・芝2677m・8頭立て)が行われた。

 道中は好位の内を進んだ1番人気ジャパン(牡5、R.ムーア騎手)が直線で馬場の中央に持ち出されると鋭く脚を伸ばし、レース途中から先頭に立った2番人気トゥルーシャン(セ5、H.ドイル騎手)をとらえ、3/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分58秒01(稍重)。

 ジャパンは父Galileo、母Shastye、母の父デインヒルという血統。アイルランドのA.オブライエン厩舎の管理馬。

 2019年8月のインターナショナルS(英G1)以来の勝利で、キーファーズの松島正昭代表が共同馬主となってからは今回が初勝利。

 重賞はほかに2019年パリ大賞(仏G1)、キングエドワード7世S(英G2)、2018年ベレスフォードS(愛G3)を制している。通算成績は15戦6勝。