8日、中京競馬場で行われた京都新聞杯(3歳・GII・芝2200m)は、中団でレースを進めた川田将雅騎手騎乗の3番人気レッドジェネシス(牡3、栗東・友道康夫厩舎)が、直線で脚を伸ばして、逃げ粘る1番人気ルペルカーリア(牡3、栗東・友道康夫厩舎)を捕らえ、これに3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分11秒2(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に2番人気マカオンドール(牡3、栗東・今野貞一厩舎)が入った。

 勝ったレッドジェネシスは、父ディープインパクト、母リュズキナ、その父Storm Catという血統。前走のゆきやなぎ賞に続く2連勝で重賞初制覇を果たした。また、この勝利で川田将雅騎手はJRA通算1600勝、友道康夫調教師はJRA通算600勝を達成した。