9日、東京競馬場で行われたブリリアントS(4歳上・L・ダ2100m)は、2番手でレースを進めたM.デムーロ騎手騎乗の5番人気ヒロイックテイル(牡4、栗東・本田優厩舎)が、4コーナーで先頭に立って後続を突き放し、2着の3番人気バンクオブクラウズ(牡4、栗東・石坂公一厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分9秒6(良)。

 さらに1馬身差の3着に6番人気サクラアリュール(牡6、栗東・村山明厩舎)が入った。なお、1番人気エルデュクラージュ(セ7、栗東・池添学厩舎)は6着、2番人気ハヤヤッコ(牡5、美浦・国枝栄厩舎)は8着に終わった。

 勝ったヒロイックテイルは、父スクリーンヒーロー、母パーソナルレジェンド、その父Awesome Againという血統。前走のアルデバランSでは14着に敗れていたが、ここで見事巻き返した。