ラウダシオンに注目したい。高松宮記念・14着から巻き返し、重賞2勝目なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■5/15(土) 京王杯スプリングC(4歳上・GII・東京芝1400m)

 ラウダシオン(牡4、栗東・斉藤崇史厩舎)は昨年のNHKマイルC覇者。その後のGIでは崩れているが、富士Sで2着、シルクロードSで3着と力のあるところも見せてきた。東京芝1400m替わりはプラスなだけに、巻き返して重賞2勝目といきたいところだ。鞍上はM.デムーロ騎手。

 タイセイビジョン(牡4、栗東・西村真幸厩舎)は3歳春までに重賞2勝。それ以降勝ち星から遠ざかっているが、今回は京王杯2歳S以来1年半ぶりにC.ルメール騎手とコンビを組んで巻き返しを狙う。この馬にとっても条件替わりは良く、勝ち負けを期待できるだろう。

 その他、阪急杯で2着のミッキーブリランテ(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)、昨年の3着馬グルーヴィット(牡5、栗東・松永幹夫厩舎)、昨年のファルコンS覇者シャインガーネット(牝4、美浦・栗田徹厩舎)、2年ぶりに芝を走るエアアルマス(牡6、栗東・池添学厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。