15日、東京競馬場で行われた京王杯スプリングC(4歳上・GII・芝1400m)は、2番手でレースを進めたM.デムーロ騎手騎乗の1番人気ラウダシオン(牡4、栗東・斉藤崇史厩舎)が、直線に入って抜け出し、最後は外から追い上げてきた10番人気トゥラヴェスーラ(牡6、栗東・高橋康之厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分19秒8(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に8番人気カイザーミノル(牡5、栗東・北出成人厩舎)が入った。なお、2番人気タイセイビジョン(牡4、栗東・西村真幸厩舎)は12着、3番人気エングレーバー(牡5、栗東・中内田充正厩舎)は13着に終わった。

 勝ったラウダシオンは、父リアルインパクト、母アンティフォナ、その父Songandaprayerという血統。昨年のNHKマイルC以来、1年ぶりの勝利を飾った。また、本馬はこの勝利で安田記念の優先出走権を獲得した。