現地時間15日、ピムリコ競馬場でアメリカ三冠競走の第2戦・プリークネスS(3歳・G1・ダ1900m・10頭立て)が行われた。

 道中は馬群の中央を進んだ5番人気ロンバウアー(Rombauer、牡3、F.プラ騎手)が徐々に位置を押し上げ、4コーナーでは3番手に。

 前を行く2番人気ミッドナイトバーボン(牡3、I.オルティスJr.騎手)、1番人気メディーナスピリット(牡3、J.ヴェラスケス騎手)の2頭を直線で差し切り、最後は2着ミッドナイトバーボンに3.1/2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分53秒62(良)。

 ケンタッキーダービー馬メディーナスピリットは今回もハナを切ったが、ミッドナイトバーボンから2馬身差の3着。

 10番人気の日本馬フランスゴデイナ(牡3、J.ロザリオ騎手)は好位のインを追走したが、4コーナーから上位馬の勢いにはついていけず、7着だった。

 ロンバウアーは父Twirling Candy(その父Candy Ride)、母Cashmere、母の父Cowboy Calという血統。米国のM.マッカーシー厩舎の管理馬。

 昨年のアメリカンファラオS(米G1)2着、今年のエルカミーノレアルダービー(米L)1着などの実績があるが、重賞は今回が初制覇。通算成績は7戦3勝。