16日、金沢競馬場で行われた第2回利家盃(4歳上・重賞・ダ2000m・1着賞金300万円)は、好位でレースを進めた吉原寛人騎手騎乗の1番人気ハクサンアマゾネス(牝4、金沢・加藤和義厩舎)が、3〜4コーナーで前に並びかけて直線で抜け出し、2着の2番人気エイシンレーザー(牡6、金沢・佐藤茂厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分8秒3(重)。

 さらにアタマ差の3着に4番人気ティモシーブルー(牡7、金沢・金田一昌厩舎)が入った。なお、3番人気トップロイヤル(牡4、金沢・高橋道雄厩舎)は5着に終わった。

 勝ったハクサンアマゾネスは、父シルポート、母オークヒルズ、その父ブライアンズタイムという血統。重賞はこれで7勝目。