16日、東京競馬場で行われたヴィクトリアマイル(4歳上・牝・GI・芝1600m)は、中団でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の1番人気グランアレグリア(牝5、美浦・藤沢和雄厩舎)が、直線に入って一気に突き抜け、2着の10番人気ランブリングアレー(牝5、栗東・友道康夫厩舎)に4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分31秒0(良)。

 同レースの売り上げは166億9365万6200円で、アーモンドアイが優勝した昨年の159億284万1300円より増加となった。