22日、新潟競馬場で行われた早苗賞(3歳・1勝・芝1800m)は、好位でレースを進めた亀田温心騎手騎乗の5番人気アイコンテーラー(牝3、栗東・河内洋厩舎)が、直線に入って抜け出し、2着の1番人気バガン(牡3、栗東・野中賢二厩舎)に1.3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分49秒3(稍重)。

 さらにクビ差の3着に6番人気メモリーエフェクト(牡3、栗東・大久保龍志厩舎)が入った。なお、3番人気ホウオウジョルノ(牡3、栗東・安田翔伍厩舎)は5着、2番人気グルーヴビート(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)は8着に終わった。

 勝ったアイコンテーラーは、父ドゥラメンテ、母ボイルトウショウ、その父ケイムホームという血統。前走の未勝利戦に続く2連勝を飾った。