22日、中京競馬場で行われた平安S(4歳上・GIII・ダ1900m)は、好位でレースを進めた福永祐一騎手騎乗の2番人気オーヴェルニュ(牡5、栗東・西村真幸厩舎)が、直線で先頭に立って後続を突き放し、逃げ粘った1番人気アメリカンシード(牡4、栗東・藤岡健一厩舎)に6馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分54秒7(重、コースレコード)。

 同レースの売り上げは37億7614万1600円で、オメガパフュームが優勝した昨年の33億1379万6100円より増加となった。