28日、川崎競馬場1Rで行われた2歳新馬(ダ900m・6頭立て)は、先手を取った山崎誠士騎手騎乗の1番人気メンタイマヨ(牡2、川崎・林隆之厩舎)が楽な手応えで後続を突き放し、出遅れながら後方から追い込んだ4番人気キョウエイガバナー(牝2、川崎・山崎尋美厩舎)に7馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは56秒0(重)。

 メンタイマヨは父シニスターミニスター、母チーズマヨ、母の父シンボリクリスエス、母の母マルカコマチという血統。単勝オッズ1.1倍の断然人気に応えてのデビュー勝ちとなった。