20日に阪神競馬場で行われるマーメイドS(3歳上・牝・GIII・芝2000m)について血統・種牡馬別に検証していく。

 過去10年で最多となる6回の馬券絡みがディープインパクト。次点で4回のマンハッタンカフェが続き、3回がキングカメハメハ、ステイゴールドとなっている。

 ディープインパクト産駒は[3-3-0-8]。産駒が出走した7回のうち3着以内に好走しなかった年は2017年に限られ、昨年もセンテリュオが上がり3F最速となる末脚を駆使して2着に好走していた。なお、13年マルセリーナは7人気、18年アンドリエッテは10人気で勝利しており、19年レッドランディーニも10人気でハナ差2着の惜敗を喫するなど、たびたび人気薄が台頭していることにも気を配るべきだろう。今年はサンクテュエール、ソフトフルート、レッドベルディエス、キングスタイルの4頭が特別登録。

 ハービンジャー産駒は[1-0-0-10]。3着以内への好走例こそ昨年1着のサマーセントに限られるが、18年ヴァフラームが13人気4着、19年ウインクルサルーテは16人気5着と二桁人気馬が上位入線を果たしている。一方で、1・2人気に推された上位人気馬が[0-0-0-3]と振るわず、昨年も1人気の支持を集めたエアジーンが5着に敗れていた。今年はフィリアプーラが出走を予定している。

 オルフェーヴル産駒は[1-0-0-3]。まだ出走例こそ少ないものの、19年サラスが7人気1着。その父ステイゴールドの産駒も期待値は高く、データ集計期間外には06年ソリッドプラチナム、09年コスモプラチナ、ともに9人気1着と大駆けしていたので、今後はオルフェーヴル産駒の動向にも注目したい。今年はアンドラステが該当。