4日、函館競馬場で行われた巴賞(3歳上・OP・芝1800m)は、一旦後方に控えて外から好位まで上がっていったC.ルメール騎手騎乗の2番人気サトノエルドール(牡5、美浦・国枝栄厩舎)が、直線の追い比べを制して、2着の7番人気マイネルファンロン(牡6、美浦・手塚貴久厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分48秒0(良)。

 さらにクビ差の3着に6番人気ナイママ(牡5、美浦・武藤善則厩舎)が入った。なお、1番人気ワールドウインズ(セ4、栗東・武幸四郎厩舎)は5着、3番人気ジェットモーション(セ5、栗東・藤岡健一厩舎)は7着に終わった。

 勝ったサトノエルドールは、父ディープインパクト、母ミゼリコルデ、その父Fasliyevという血統。前走の新潟大賞典では10着に終わったが、ここで見事巻き返した。