現地時間10日、イギリスのニューマーケット競馬場でG1・ジュライカップ(3歳上・芝直線1200m・19頭立て)が行われた。

 後方から馬群を割り、馬場の中央を追い込んだ2番人気スターマン(Starman、牡4、T.マーカンド騎手)が、手前側のラチ沿いから脚を伸ばした1番人気ドラゴンシンボル(Dragon Symbol、牡3、O.マーフィー騎手)に、1.1/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分10秒11(良)。

 2着から6着までの5頭は1馬身差の大接戦。ドラゴンシンボルと短頭差の3着には、4番人気オクステッド(セ5、C.ファロン騎手)が入った。

 スターマンは、父がMr. Prospector系のDutch Art、母Northern Star、母の父モンジューという血統。イギリスのE.ウォーカー厩舎の管理馬。

 通算成績は6戦5勝。重賞は前走のデュークオブヨークS(英G2)に続き2勝目。唯一の敗戦は昨年の英チャンピオンスプリントS(英G1)で14着だった。

 2着のドラゴンシンボルは窪田芳郎氏の所有馬。前走のコモンウェルスC(英G1)で1位入線を果たしながら、進路妨害により2着に降着。今回も惜しくもG1制覇はならなかった。